7dtdで昇り下りをする時は、ハシゴや階段などを使用していると思います。
ウッドハッチなどを使用することで、昇り専用のエレベーターを作ることができます。
降りる時は、高い所から飛び降りてもダメージを受けないブロックを設置しておけば梯子を使うよりも早く下へ行くことができます。
PS4版Xbox One版の作り方を紹介します。




<目次>

用意するもの

アイテム 材料 個数
WOOD FRAME WOOD 5
WOODEN HATCH WOOD 10
HAY BALE PLANT FIBERS 10

作り方


作りたい場所にこんな感じでウッドフレームを置いて、飛び降りても死なないようにするために、飛び降りたい場所にHAY BALEを置いてください。


ある程度の高さまでウッドフレームを置いていきます。


ウッドハッチをつけていくのですが、一番下の地面につけると機能しなくなるので、この位置に取り付けてください。


これで完成です。


一番上までウッドハッチをつけたい場合は、このままの状態ではつけることができないので、奥のウッドフレームにウッドプレートをつけてからウッドハッチをつければOKです。




使い方

ウッドハッチのドアを開けて中に入ります。

中に入ったらウッドハッチのドアを閉めます。

ジャンプボタンを押せば自動で上までいってくれます。
たまに引っかかったりする場合があるので、その時は少し体の位置を動かせばまた自動で動き出します。

引っかかっていないのに途中で完全に止まる場合は、ウッドハッチがつけれてない箇所があるだけなので、つけれていない場所につければ動き出します。

動画

まとめ

木材で作ってますが、コンクリートや円柱などどんなブロックでも作れます。ハッチもどんなものでもいいですが、木材が一番作りやすいので木材の方がオススメです。
地下で鉱石を掘ったあと地上へ帰る時などエレベーターを作っておけばすぐ戻れるのでかなり便利になります。
地下へ行くときもそのまま飛び降りればいいだけなので移動時間を省くことができます。